FC2ブログ

D850のその後・・・

ふときがちたら、rawファイルを現像するソフトが・・・
今使っているphotoshopはCS6 camera rawがない
lightroomも6の買取版、やってしまった。
現像するソフトがない。色々調べてたらAdobe DNG Converterなるものがあると・・・。
そうそうダウンロードしてみた。
こればニコンのNEFをDNGというファイルに変換し、古いソフトでも加工できるようにするものの様だ。
しばらく、システムをいじる事なく、加工用ソフトもバージョンを上げる事なく無難に過ごしてきた。
新しいものに入れ替えたりすると、こういう事が多々ある。うかつだった。
今後の事を色々と考え調べていたら・・・D850のNEFをLightroom6でも現像できるという記事を見つけた。
買取版の最終バージョンアップで可能になった様だ。
ん〜なんとか助かったが・・・。この先システムを入れ替えたり、買い換えたりする予定はないが・・・注意する必要がある。
ふ〜・・・。

スポンサーサイト



カメラを買い替えました。

2013年に購入したD800からD850に買い替えました。以前のD800を値段の付くうちに下取りに出して・・・って感じです。
D800は完成度が高かったのですが、ノイズが結構ありまして・・・メインではD600を使用していました。
D600はそのままでD850に買い変えです。

P_20191023_092031_vHDR_On_HP.jpg

中国製・・・。

中国製が悪いと・・・全ては当てはまらないが、スマホの電池が爆発寸前。
突然膨らみバックパネルが剥がれてしまった。
購入1年8ヶ月でこの状態

ASUS zenphone4

日本製スマホでも中国製の電池が使われているが、やはり日本製品に使われる物は、japan spec。
日本の製品はこのあたりが違うのだろう!!。

P1010648-2.jpg

メガネを買いました。

JiNSというところでメガネをかいました。
今回作ったのは?遠近というタイプです。
以前近近という机周りがよくみえ、1.5m程度までの物で、もう少し見えたらいいな〜と思い中近タイプを作ろうと思いました。

メガネ屋さんに行き現在のメガネ2本といろいろ情報を伝え、レンズ合わせをしていたら・・・。
当店は中近の合わせ用のレンズがないのでお試し頂けません。もし中近ならこんな感じかな?となんとアバウトなお話。中近の確認ができないなら、そこで止めておけば今回の様な悲劇は起きなかった。

今見えているのは遠近です。と言われ、そこそこみえるので・・・いいやと思いじゃこれで・・・。
出来上がりびっくり!!。何かおかしい。
まずまず帰ってきたら、どうもおかいい原因は左目のレンズにある様だ。
私の利き目は左、その左目の視力が右目より落ちているというより乱視がおかしいのか?近視がおかしいのか?ぼやけている。右目はもともとよくなく、視力も上がらないと医師に言われた右目よりボケている。
ん〜やっぱ安い物はこんな物か?と・・・。
保証でレンズを作り直そうと思う。まあこの保証というのがいいですね!。



EL Capitan+CS

EL CapitanにCSをいれ約一週間。
さほどこれと言った仕事ではないが、ぼちぼちとillust&photosh、indesignをしようしてみた。

現在のところPDFの書き出しなど問題なく使用できている。

導入ソフトは当初のまま。この状態だとなんとか使用できそうだと思う。

プロフィール

オフィススタジオ

Author:オフィススタジオ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ